うつで病院へ通うなら【通いやすい病院であるかがとても重要】

色々なことから判断する

女性

薬の必要性

うつは精神的な症状がメインになる病気です。そしてうつ病になる原因はまだはっきりとはわかっていませんが、脳の中の環境が通常とは違った状態になることと関係していると言われています。つまり脳の中で変化が起きた時に、症状が起こるという特徴があります。これは他の脳の病気をもっている時に怒る症状と似たようなものも含みます。そのため、うつの症状なのか脳の病気によって起きている症状なのかを確かめるためにCT検査などを行うこともあります。特に今までに脳梗塞などの脳の病気をした経験がある場合には、再発が起きている可能性もあるので、体の病気が疑われることがあります。ほかに血液成分に異常があることで精神的な症状が出ることもあるので、簡単な血液検査を行うこともあるでしょう。こういった検査は医師が問診など診察をしながら、必要があると御判断された場合に行われます。中には問診だけで診断を行い、他の検査は全く行われないこともあります。うつの診断には問診が非常に大きな意味を持ち、問診に時間をかけて診察を行っています。体にあらわれている症状で眠れない、食欲が落ちたなどは見るだけではわからない症状なので、本人の訴えをしっかりと聞く必要が出てきます。また精神的な症状は問診を行う以外に把握する手段がありません。うつになった時のやる気のなさや悲観的な思考は言葉だけでなく、表情などからも読み取ります。医師は言われたことだけでなく、その時の口調や声の大きさ、服装など色々な面を見て、総合的に診断を行います。うつの診察は時間がかかることもあれば、短時間だけ様子を見たり会話をしたりするだけで診断がつくこともあります。どちらの場合にしても、起きている症状に合わせて適切だと医師が判断した抗うつ薬が処方されるでしょう。薬だけでなくカウンセリングや精神療法を同時に行う場合もあります。色々な方法を同時に行うことで、少しでも精神状態を安定させて症状が強くならないような治療が開始されます。精神的な病気に対する薬はいまだに悪いイメージをもたれることがありますが、適切に使用すれば害は最小限にできます。薬を飲みたがらない人や精神科や心療内科にかかりたがらない人の考えには精神的な病気は甘えの一種だという価値観があります。これは過去にはこういった考えが一般的だったということもありますし、内臓の病気などと違って目に見える症状が少ないということも関係しているのでしょう。本人は病気を治したいと考えて抗うつ剤による治療を行っていても、それに反対する家族や友だちがいると、治療を続けることが難しくなってしまいます。もしも、うつ病で病院を受診して薬が処方された場合に、そういった薬は使わないほうがよいという価値観の人に会っても、気にしないようにしましょう。いまは薬で治せる病気だということがはっきりとわかってきています。抗うつ剤を服用する時に罪悪感を持つ必要はありませんし、薬は症状がおさまればやめることができます。精神的な薬は一生飲み続けないといけない、依存性があるといった間違った知識を信じている人もいます。実際には薬でしっかりと治療すれば、それ以上飲み続ける必はありません。

Copyright© 2018 うつで病院へ通うなら【通いやすい病院であるかがとても重要】 All Rights Reserved.